Let Computers
See the World for You
Let Computers See the World for You
ヒトの目を超える視覚能力を、デジタルの力を使って実現します

What's HRUS

Core Technology

Computer Vision
Deep Learning
画像解析技術(Computer Vision)と深層学習(Deep Learning)を組み合わせたアルゴリズムで、様々なシーンの動画像データを解析し、高精度なヒト・モノの認識を実現しています。

Concept

ヒトの目を超える「視覚能力」の実現
ヒトの目の代替だけでなく、下記三軸でヒトの認知制約を超えた超視覚を実現します。

X:空間の拡張
ミクロ-マクロ方向の空間的スコープ拡縮
(高所広域/遠隔監視/精密機器の検査など)
Y:時間の拡張
長時間に渡る状態・変化の認識
(防犯/見守りなど)
Z:認知能力の拡張
複数物体の同時認知・追跡、非可視光線の認知
(統計調査/特殊環境での状態認識など)

Industry / Scene

マルチデバイス×ユースケースで展開可能
各種ITジャイアントが提供する汎用的な画像解析エンジンとは異なり、業種/ユースケース特化型(Vertical型)で高い認識性能を実現します。

またカメラだけでなく、スマートフォンやドローンなどの様々なデバイスでご利用頂けます。
HRUS for Human/Emotion
ヒトの検知/識別・感情の推定
ヒトを検知し、その人がどのような属性(性別・年齢)であるか、どのような感情を抱いているかを識別することで、「どこに、どのようなヒトがいて、何を感じているか/何を行っているか」の情報を得ることができます。

例えば、小売業(アパレル/飲料/化粧品など)におけるマーケティング調査で、活用することができます。
身体的特徴を活用した解析も
ヒトの情報/状態は、顔だけでなく身体にも多く現れます。

これらの情報を用いることで、顔だけでは識別が困難な状況においてヒトの識別性能を向上させたり、異常な行動(不審行動/転倒など)を起こしていないかを認識することができます。

HRUS for Scene/Product
モノの検知・識別
様々なモノを検知・識別し、意味のある情報を抽出して課題解決へと役立てます。

ビジネスにおいてモノを扱う作業/シーンは数多く存在し、例えば建築物の点検や精密機械の検査、車の駐車/渋滞検知など、ヒトの目では見切れないもの、コストがかかりすぎるものが多くあります。これら課題をHRUS(ホルス)は解決します。
HRUS for 3D
2D→3Dへの次元拡張
カメラで撮影したヒトの2次元情報を3次元情報に機械学習で変換し、3次元情報を復元します。これにより、人の姿勢/動きをバーチャル空間上に再現し、例えばアバターとリンクさせることで同じ動きをリアルタイムに行う「もう一人の自分」をバーチャル空間上に出現させることができます。

3D変換技術は、これまで2D情報だけでは解決できなかった様々な課題を解決します。

Our Clients

Contact Us

製品/デモのお問い合わせは問い合わせフォームよりご連絡ください。

製品/サービス以外のお問い合わせはこちらをご利用ください。

Frequently Asked Questions

何ができますか?(得意ですか?)
Deep Learningを活用した画像解析(ヒト・モノの認識)に強みを持っています。画像情報をベースとしたインタフェースの構築が可能となります。
費用感はどのくらいですか?
ご要望によって変わりますが、数十万円からとなります。
お名前*

電話番号*

e-mail*

ご用件*

御社名*

部署名

役職

従業員規模

内容*

送信
送信された情報はプライバシーポリシーに従い、セキュア通信(SSL) を用い、厳重に管理致します。
製品/デモ以外のお問い合わせについてはこちらをご利用ください。